看護師業務をいくつか組み合わせて働くには

看護師の仕事は一般的にハードワークだと言われます。 でも何らかの事情で2つ以上の仕事を掛け持ちしたいと 考えている人もいるようです。 本業が忙しすぎる場合は掛け持ちで働くことなど到底無理ですが、 ある程度余裕があるならWワークも可能でしょう。 たとえば本業が休日の日にアルバイトをして別の病院で働くというように。

でもそうなるとお休みの日がなくなってしまいますから、 体の疲れが回復するのかどうか事前によく考えておきましょう。 1箇所だけで働くよりもWワークをした方が収入は増えます。 ですからどうしても収入を増やしたい人や、一時的にお金が必要という方が Wワークを検討することが多いと思います。

また、お金が必要というケース以外にも、仕事の経験を もっといろいろな分野で積みたいと考えて副業をする人もいます。 どうしても一つの職場だけですと仕事の範囲も限定されますから、 多くの経験を積むために他の仕事をしてみるというのも 良いと思います。

看護師なら採血や注射は問題なくできるという思い込みが 一般の人にはありますが、そういった仕事に携わっていない看護師もいます。 でもせっかく一度身につけた技術ですから、錆びつかせるのはもったいないと、 アルバイトなどでこうした経験を補おうとする熱心な人もいるのです。 医療業界や介護業界は慢性的な人手不足に陥っているところも多いので、 Wワークであれ、人が増えるのは歓迎してくれるでしょう。

また、本業と副業という組み合わせの他にも、パートタイムの仕事を いくつか組み合わせるという方法もあります。 働ける時間が限られている人は、なかなか都合の良い求人が 見つけられないことがあります。

そのため、とりあえず一箇所で働いて、あいている時間に 他のアルバイトを入れるという人もいるようです。 単発の看護業務もいろいろとあります。 1日だけの仕事もありますから、あいている日に仕事を入れれば その日を有効に活用することができます。

メニュー

ページの先頭へ