看護師が患者から暴力やセクハラを受けたら

あまり考えたくないことですが、看護師の中には 患者さんから暴力的な行為やセクハラ行為を受けている人が 意外に多いようです。 これは看護師にとって深刻な問題ですが、 残念ながらうやむやにされてしまったり、ひたすら 我慢している看護師が多いというのが実情のようです。

看護師は女性が多いので、力の強い男性患者から 暴力をふるわれたり、不快になるような発言をされることも あるようです。 毅然と対応できれば良いのですが、突然そのようなことを 言われたりされたりすると、戸惑ってしまう人が ほとんどだと思います。

ある県で、こうした暴力行為やセクハラの実態を調査したことが あるのですが、その件数はかなりの数に上ったようです。 こうした患者からの行為はとても心が痛みますし、 今後仕事を続けられなくなってしまうかもしれないほどの ダメージを与えるものです。 いくら患者さんであっても、こうした行為は許されるものではありません。

でも、患者さん自身も病と直面してストレスがたまっていたり、 病気によっては正常な判断ができないこともあります。 ですから正論を訴えれば良いというものではないのでしょう。 そこにこの問題の難しさがあります。

具体的な暴力行為やセクハラの内容としては、 身体を殴られるというものから、言葉の暴力を浴びせられるというもの、 また身体を触られるなどの行為があるようです。 一方的に好意を寄せられて、ストーカーまがいの行為をされた 看護師もいます。

せっかく理想に燃えて看護師になったのに、 このような行為があると心底ガッカリしてしまいます。 看護師が受ける精神的なダメージはかなりのものだと思います。 こうした行為に対応するには、各人が毅然と対応することも必要ですが、 病院をあげて対策を考えることも必要ではないでしょうか。

個人の努力には限界がありますから。 看護師が余計な心配にとらわれず、本来の業務に集中できるよう、 病院側もこうした患者に対してなんらかの対策をとってほしいものです。

メニュー

ページの先頭へ